万葉集404番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集404番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集404番について

歌番号

404番

原文

千磐破|神之社四|無有世伐|春日之野邊|粟種益乎

訓読

ちはやぶる神の社しなかりせば春日の野辺に粟蒔かましを

かな読み

ちはやぶる|かみのやしろし|なかりせば|かすがののへに|あはまかましを

カタカナ読み

チハヤブル|カミノヤシロシ|ナカリセバ|カスガノノヘニ|アハマカマシヲ

ローマ字読み|大文字

CHIHAYABURU|KAMINOYASHIROSHI|NAKARISEBA|KASUGANONOHENI|AHAMAKAMASHIO

ローマ字読み|小文字

chihayaburu|kaminoyashiroshi|nakariseba|kasuganonoheni|ahamakamashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|佐伯赤麻呂|地名|奈良|枕詞|植物|贈答|掛醎合媿|恋愛

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ちはやぶる,[寛]ちはやふる,
かみのやしろし[寛],
なかりせば,[寛]なかりせは,
かすがののへに,[寛]かすかののへに,
あはまかましを[寛],

巻数

第3巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました