万葉集51番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集51番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集51番について

歌番号

51番

原文

婇女乃|袖吹反|明日香風|京都乎遠見|無用尓布久

訓読

采女の袖吹きかへす明日香風都を遠みいたづらに吹く

かな読み

うねめの|そでふきかへす|あすかかぜ|みやこをとほみ|いたづらにふく

カタカナ読み

ウネメノ|ソデフキカヘス|アスカカゼ|ミヤコヲトホミ|イタヅラニフク

ローマ字読み|大文字

UNEMENO|SODEFUKIKAHESU|ASUKAKAZE|MIYAKOTOHOMI|ITAZURANIFUKU

ローマ字読み|小文字

unemeno|sodefukikahesu|asukakaze|miyakotohomi|itazuranifuku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|荒都歌|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

うねめの,[寛]たをやめの,
そでふきかへす,[寛]そてふきかへす,
あすかかぜ,[寛]あすかかせ,
みやこをとほみ[寛],
いたづらにふく,[寛]いたつらにふく,

巻数

第1巻

作者

志貴皇子

タイトルとURLをコピーしました