万葉集24番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集24番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集24番について

歌番号

24番

原文

空蝉之|命乎惜美|浪尓所濕|伊良虞能嶋之|玉藻苅食

訓読

うつせみの命を惜しみ波に濡れ伊良虞の島の玉藻刈り食す

かな読み

うつせみの|いのちををしみ|なみにぬれ|いらごのしまの|たまもかりをす

カタカナ読み

ウツセミノ|イノチヲヲシミ|ナミニヌレ|イラゴノシマノ|タマモカリヲス

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|INOCHIOSHIMI|NAMININURE|IRAGONOSHIMANO|TAMAMOKARIOSU

ローマ字読み|小文字

utsusemino|inochioshimi|namininure|iragonoshimano|tamamokariosu

左注|左註

右案日本紀曰|天皇四年乙亥夏四月戊戌朔乙卯三位麻續王有罪流于因幡|一子流伊豆嶋|一子流血鹿嶋也|是云配于伊勢國伊良虞嶋者|若疑後人縁歌辞而誤記乎

事項|分類・ジャンル

雑歌|愛知|伝承|歌語り|枕詞|植物|地名

校異

特に無し

寛永版本

うつせみの[寛],
いのちををしみ[寛],
なみにぬれ,[寛]なみにひて,
いらごのしまの,[寛]いらこのしまの,
たまもかりをす,[寛]たまもかります,

巻数

第1巻

作者

麻続王

タイトルとURLをコピーしました