万葉集10番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集10番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集10番について

歌番号

10番

原文

君之齒母|吾代毛所知哉|磐代乃|岡之草根乎|去来結手名

訓読

君が代も我が代も知るや岩代の岡の草根をいざ結びてな

かな読み

きみがよも|わがよもしるや|いはしろの|をかのくさねを|いざむすびてな

カタカナ読み

キミガヨモ|ワガヨモシルヤ|イハシロノ|ヲカノクサネヲ|イザムスビテナ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAYOMO|WAGAYOMOSHIRUYA|IHASHIRONO|OKANOKUSANEO|IZAMUSUBITENA

ローマ字読み|小文字

kimigayomo|wagayomoshiruya|ihashirono|okanokusaneo|izamusubitena

左注|左註

右檢山上憶良大夫類聚歌林曰|天皇御製歌[云々]

事項|分類・ジャンル

雑歌|紀州|和歌山|羈旅|異伝|手向醎|植物

校異

磐【元】【冷】【古】盤

寛永版本

きみがよも,[寛]きみかよも,
わがよもしるや,[寛]わかよもしれや,
いはしろの[寛],
をかのくさねを[寛],
いざむすびてな,[寛]いさむすひてな,

巻数

第1巻

作者

中皇命|間人皇女

タイトルとURLをコピーしました