万葉集65番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集65番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集65番について

歌番号

65番

原文

霰打|安良礼松原|住吉<乃>|弟日娘与|見礼常不飽香聞

訓読

霰打つ安良礼松原住吉の弟日娘女と見れど飽かぬかも

かな読み

あられうつ|あられまつばら|すみのえの|おとひをとめと|みれどあかぬかも

カタカナ読み

アラレウツ|アラレマツバラ|スミノエノ|オトヒヲトメト|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

ARAREUTSU|ARAREMATSUBARA|SUMINOENO|OTOHIOTOMETO|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

arareutsu|ararematsubara|suminoeno|otohiotometo|miredoakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|慶雲3年年紀|難波|行幸|従駕|大阪|地名讃美|文武|枕詞|地名

校異

之->乃【元】【類】【古】【冷】【紀】

寛永版本

あられうつ,[寛]あられふる,
あられまつばら,[寛]あられまつはら,
すみのえの[寛],
おとひをとめと[寛],
みれどあかぬかも,[寛]みれとあらぬかも,

巻数

第1巻

作者

長皇子

タイトルとURLをコピーしました