万葉集56番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集56番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集56番について

歌番号

56番

原文

河上乃|列々椿|都良々々尓|雖見安可受|巨勢能春野者

訓読

川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野は

かな読み

かはかみの|つらつらつばき|つらつらに|みれどもあかず|こせのはるのは

カタカナ読み

カハカミノ|ツラツラツバキ|ツラツラニ|ミレドモアカズ|コセノハルノハ

ローマ字読み|大文字

KAHAKAMINO|TSURATSURATSUBAKI|TSURATSURANI|MIREDOMOAKAZU|KOSENOHARUNOHA

ローマ字読み|小文字

kahakamino|tsuratsuratsubaki|tsuratsurani|miredomoakazu|kosenoharunoha

左注|左註

右一首春日蔵首老

事項|分類・ジャンル

雑歌|大宝1年9月年紀|或本歌|巨勢|羈旅|土地讃美|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

かはかみの[寛],
つらつらつばき,[寛]つらつらつはき,
つらつらに[寛],
みれどもあかず,[寛]みれともあかす,
こせのはるのは[寛],

巻数

第1巻

作者

春日蔵首老

タイトルとURLをコピーしました