万葉集4番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4番について

歌番号

4番

原文

玉尅春|内乃大野尓|馬數而|朝布麻須等六|其草深野

訓読

たまきはる宇智の大野に馬並めて朝踏ますらむその草深野

かな読み

たまきはる|うちのおほのに|うまなめて|あさふますらむ|そのくさふかの

カタカナ読み

タマキハル|ウチノオホノニ|ウマナメテ|アサフマスラム|ソノクサフカノ

ローマ字読み|大文字

TAMAKIHARU|UCHINOHONONI|UMANAMETE|ASAFUMASURAMU|SONOKUSAFUKANO

ローマ字読み|小文字

tamakiharu|uchinohononi|umanamete|asafumasuramu|sonokusafukano

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|五条市|代作|弓讃姤|狩猟|宴席|地名

校異

尅(塙)(楓)剋

寛永版本

たまきはる[寛],
うちのおほのに[寛],
うまなめて[寛],
あさふますらむ[寛],
そのくさふかの,[寛]そのくさふけの,

巻数

第1巻

作者

中皇命|間人老

タイトルとURLをコピーしました