万葉集76番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集76番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集76番について

歌番号

76番

原文

大夫之|鞆乃音為奈利|物部乃|大臣|楯立良思母

訓読

ますらをの鞆の音すなり物部の大臣盾立つらしも

かな読み

ますらをの|とものおとすなり|もののふの|おほまへつきみ|たてたつらしも

カタカナ読み

マスラヲノ|トモノオトスナリ|モノノフノ|オホマヘツキミ|タテタツラシモ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|TOMONOTOSUNARI|MONONOFUNO|OHOMAHETSUKIMI|TATETATSURASHIMO

ローマ字読み|小文字

masuraono|tomonotosunari|mononofuno|ohomahetsukimi|tatetatsurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|和銅1年年紀|和銅|儀式

校異

御製歌->御製【冷】【紀】

寛永版本

ますらをの[寛],
とものおとすなり[寛],
もののふの[寛],
おほまへつきみ,[寛]おほまうちきみ,
たてたつらしも[寛],

巻数

第1巻

作者

元明

タイトルとURLをコピーしました