万葉集74番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集74番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集74番について

歌番号

74番

原文

見吉野乃|山下風之|寒久尓|為當也今夜毛|我獨宿牟

訓読

み吉野の山のあらしの寒けくにはたや今夜も我が独り寝む

かな読み

みよしのの|やまのあらしの|さむけくに|はたやこよひも|わがひとりねむ

カタカナ読み

ミヨシノノ|ヤマノアラシノ|サムケクニ|ハタヤコヨヒモ|ワガヒトリネム

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|YAMANOARASHINO|SAMUKEKUNI|HATAYAKOYOHIMO|WAGAHITORINEMU

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|yamanoarashino|samukekuni|hatayakoyohimo|wagahitorinemu

左注|左註

右一首或云|天皇御製歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|望郷|妹|異伝|地名

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
やまのあらしの,[寛]やましたかせの,
さむけくに[寛],
はたやこよひも[寛],
わがひとりねむ,[寛]われひとりねむ,

巻数

第1巻

作者

文武

タイトルとURLをコピーしました