万葉集3番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3番について

歌番号

3番

原文

八隅知之|我大王乃|朝庭|取撫賜|夕庭|伊縁立之|御執乃|梓弓之|奈加弭乃|音為奈利|朝猟尓|今立須良思|暮猟尓|今他田渚良之|御執<能>|<梓>弓之|奈加弭乃|音為奈里

訓読

やすみしし|我が大君の|朝には|取り撫でたまひ|夕には|い寄り立たしし|み執らしの|梓の弓の|中弭の|音すなり|朝猟に|今立たすらし|夕猟に|今立たすらし|み執らしの|梓の弓の|中弭の|音すなり

かな読み

やすみしし|わがおほきみの|あしたには|とりなでたまひ|ゆふへには|いよりたたしし|みとらしの|あづさのゆみの|なかはずの|おとすなり|あさがりに|いまたたすらし|ゆふがりに|いまたたすらし|みとらしの|あづさのゆみの|なかはずの|おとすなり

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワガオホキミノ|アシタニハ|トリナデタマヒ|ユフヘニハ|イヨリタタシシ|ミトラシノ|アヅサノユミノ|ナカハズノ|オトスナリ|アサガリニ|イマタタスラシ|ユフガリニ|イマタタスラシ|ミトラシノ|アヅサノユミノ|ナカハズノ|オトスナリ

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGAOHOKIMINO|ASHITANIHA|TORINADETAMAHI|YUFUHENIHA|IYORITATASHISHI|MITORASHINO|AZUSANOYUMINO|NAKAHAZUNO|OTOSUNARI|ASAGARINI|IMATATASURASHI|YUFUGARINI|IMATATASURASHI|MITORASHINO|AZUSANOYUMINO|NAKAHAZUNO|OTOSUNARI

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagaohokimino|ashitaniha|torinadetamahi|yufuheniha|iyoritatashishi|mitorashino|azusanoyumino|nakahazuno|otosunari|asagarini|imatatasurashi|yufugarini|imatatasurashi|mitorashino|azusanoyumino|nakahazuno|otosunari

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|五条市|代作|弓讃姤|狩猟|宴席|地名|枕詞|寿歌

校異

梓能->能梓【元】

寛永版本

やすみしし[寛],
わがおほきみの,[寛]わかおほきみの,
あしたには[寛],
とりなでたまひ,[寛]とりなてたまひ,
ゆふへには,[寛]ゆふへに,
いよりたたしし,[寛]いよせたててし,
みとらしの[寛],
あづさのゆみの,[寛]あつさのゆみの,
なかはずの,[寛]なかはすの,
おとすなり[寛],
あさがりに,[寛]あさかりに,
いまたたすらし[寛],
ゆふがりに,[寛]ゆふかりに,
いまたたすらし[寛],
みとらしの[寛],
あづさのゆみの,[寛]あつさのゆみの,
なかはずの,[寛]なかはすの,
おとすなり[寛],

巻数

第1巻

作者

中皇命|間人老

タイトルとURLをコピーしました