万葉集28番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集28番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集28番について

歌番号

28番

原文

春過而|夏来良之|白妙能|衣乾有|天之香来山

訓読

春過ぎて夏来るらし白栲の衣干したり天の香具山

かな読み

はるすぎて|なつきたるらし|しろたへの|ころもほしたり|あめのかぐやま

カタカナ読み

ハルスギテ|ナツキタルラシ|シロタヘノ|コロモホシタリ|アメノカグヤマ

ローマ字読み|大文字

HARUSUGITE|NATSUKITARURASHI|SHIROTAHENO|KOROMOHOSHITARI|AMENOKAGUYAMA

ローマ字読み|小文字

harusugite|natsukitarurashi|shirotaheno|koromohoshitari|amenokaguyama

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|飛鳥|季節|地名|枕詞

校異

->尊【元】【冷】【紀】

寛永版本

はるすぎて,[寛]はるすきて,
なつきたるらし,[寛]なつきにけらし,
しろたへの[寛],
ころもほしたり,[寛]ころもさらせり,
あめのかぐやま,[寛]あまのかくやま,

巻数

第1巻

作者

持統天皇

タイトルとURLをコピーしました