万葉集7番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集7番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集7番について

歌番号

7番

原文

金野乃|美草苅葺|屋杼礼里之|兎道乃宮子能|借五百礒所念

訓読

秋の野のみ草刈り葺き宿れりし宇治の宮処の仮廬し思ほゆ

かな読み

あきののの|みくさかりふき|やどれりし|うぢのみやこの|かりいほしおもほゆ

カタカナ読み

アキノノノ|ミクサカリフキ|ヤドレリシ|ウヂノミヤコノ|カリイホシオモホユ

ローマ字読み|大文字

AKINONONO|MIKUSAKARIFUKI|YADORERISHI|UJINOMIYAKONO|KARIIHOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

akinonono|mikusakarifuki|yadorerishi|ujinomiyakono|kariihoshiomohoyu

左注|左註

右檢山上憶良大夫類聚歌林曰|一書戊申年幸比良宮大御歌|但紀曰|五年春正月己卯朔辛巳天皇至自紀温湯|三月戊寅朔天皇幸吉野宮而肆宴焉|庚辰日天皇幸近江之平浦

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|回想|羈旅|地名

校異

辰【元】【冷】辰ム

寛永版本

あきののの[寛],
みくさかりふき[寛],
やどれりし,[寛]やとれりし,
うぢのみやこの,[寛]うちのみやこの,
かりいほしおもほゆ,[寛]かりいほしそおもふ,

巻数

第1巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました