万葉集9番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集9番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集9番について

歌番号

9番

原文

莫囂圓隣之大相七兄爪謁氣|吾瀬子之|射立為兼|五可新何本

訓読

莫囂円隣之大相七兄爪謁気我が背子がい立たせりけむ厳橿が本

かな読み

*****|*******|わがせこが|いたたせりけむ|いつかしがもと

カタカナ読み

*****|*******|ワガセコガ|イタタセリケム|イツカシガモト

ローマ字読み|大文字

*****|*******|WAGASEKOGA|ITATASERIKEMU|ITSUKASHIGAMOTO

ローマ字読み|小文字

*****|*******|wagasekoga|itataserikemu|itsukashigamoto

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|紀州|和歌山|難訓|厳橿|斎橿|植物

校異

謁【元】【類】【紀】湯

寛永版本

*****,[寛]ゆふつきの,
*******,[寛]あふきてとひし,
わがせこが,[寛]わかせこか,
いたたせりけむ,[寛]いたたせるかね,
いつかしがもと,[寛]いつかあはなむ,

巻数

第1巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました