万葉集71番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集71番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集71番について

歌番号

71番

原文

倭戀|寐之不所宿尓|情無|此渚崎<未>尓|多津鳴倍思哉

訓読

大和恋ひ寐の寝らえぬに心なくこの洲崎廻に鶴鳴くべしや

かな読み

やまとこひ|いのねらえぬに|こころなく|このすさきみに|たづなくべしや

カタカナ読み

ヤマトコヒ|イノネラエヌニ|ココロナク|コノスサキミニ|タヅナクベシヤ

ローマ字読み|大文字

YAMATOKOHI|INONERAENUNI|KOKORONAKU|KONOSUSAKIMINI|TAZUNAKUBESHIYA

ローマ字読み|小文字

yamatokohi|inoneraenuni|kokoronaku|konosusakimini|tazunakubeshiya

左注|左註

右一首忍坂部乙麻呂

事項|分類・ジャンル

雑歌|文武|難波|行幸|大阪|従駕|望郷|動物|地名

校異

->未【元】【類】【冷】【紀】

寛永版本

やまとこひ[寛],
いのねらえぬに,[寛]いのねられぬに,
こころなく[寛],
このすさきみに,[寛]ここのすさきに,
たづなくべしや,[寛]たつなくへしや,

巻数

第1巻

作者

忍坂部乙麻呂

タイトルとURLをコピーしました