万葉集72番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集72番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集72番について

歌番号

72番

原文

玉藻苅|奥敝波不<榜>|敷妙<乃>|枕之邊人|忘可祢津藻

訓読

玉藻刈る沖へは漕がじ敷栲の枕のあたり忘れかねつも

かな読み

たまもかる|おきへはこがじ|しきたへの|まくらのあたり|わすれかねつも

カタカナ読み

タマモカル|オキヘハコガジ|シキタヘノ|マクラノアタリ|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

TAMAMOKARU|OKIHEHAKOGAJI|SHIKITAHENO|MAKURANOATARI|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

tamamokaru|okihehakogaji|shikitaheno|makuranoatari|wasurekanetsumo

左注|左註

右一首式部卿藤原宇合

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|文武|行幸|大阪|従駕|植物|枕詞

校異

搒->榜【元】|之->乃【元】【類】【紀】

寛永版本

たまもかる[寛],
おきへはこがじ,[寛]おきへはこかし,
しきたへの[寛],
まくらのあたり[寛],
わすれかねつも[寛],

巻数

第1巻

作者

藤原宇合

タイトルとURLをコピーしました