スポンサーリンク
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3247番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3247番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3247番について歌番号3247番原文沼名河之|底奈流玉|求而|得之玉可毛|拾而|得之玉可毛|安多良思吉|君之|老落惜毛訓読沼名川の|底なる玉|求めて|得し玉かも|拾ひて|得...
万葉集|第なし巻の和歌一覧

万葉集番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集番について歌番号無記1番原文竊以|朝夕佃食山野者|猶無灾害而得度世||晝夜釣漁河海者|尚有慶福而全經俗||况乎我従胎生迄于今日|自有修善之志|曽無作悪之心||所以礼拜...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集897番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集897番について歌番号897番原文霊剋|内限者||平氣久|安久母阿良牟遠|事母無|裳無母阿良牟遠|世間能|宇計久都良計久|伊等能伎提|痛伎瘡尓波|塩遠|潅知布何...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集898番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集898番について歌番号898番原文奈具佐牟留|心波奈之尓|雲隠|鳴徃鳥乃|祢能尾志奈可由訓読慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音のみし泣かゆかな読みなぐさむる|...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集899番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集899番について歌番号899番原文周弊母奈久|苦志久阿礼婆|出波之利|伊奈々等思騰|許良尓夜利奴訓読すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へどこらに障りぬかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集900番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集900番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集900番について歌番号900番原文富人能|家能子等能|伎留身奈美|久多志須都良牟|絁綿良波母訓読富人の家の子どもの着る身なみ腐し捨つらむ絹綿らはもかな読みとみひ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集901番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集901番について歌番号901番原文麁妙能|布衣遠陀尓|伎世難尓|可久夜歎敢|世牟周弊遠奈美訓読荒栲の布衣をだに着せかてにかくや嘆かむ為むすべをなみかな読みあらた...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集902番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集902番について歌番号902番原文水沫奈須|微命母|栲縄能|千尋尓母何等|慕久良志都訓読水沫なすもろき命も栲縄の千尋にもがと願ひ暮らしつかな読みみなわなす|もろ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集903番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集903番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集903番について歌番号903番原文倭手纒|數母不在|身尓波在等|千年尓母等|意母保由留加母|訓読しつたまき数にもあらぬ身にはあれど千年にもがと思ほゆるかも|かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集841番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集841番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集841番について歌番号841番原文于遇比須能|於登企久奈倍尓|烏梅能波奈|和企弊能曽能尓|佐伎弖知流美由訓読鴬の音聞くなへに梅の花我家の園に咲きて散る見ゆかな読...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集847番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集847番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集847番について歌番号847番原文和我佐可理|伊多久々多知奴|久毛尓得夫|久須利波武等母|麻多遠知米也母訓読我が盛りいたくくたちぬ雲に飛ぶ薬食むともまた変若めや...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集848番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集848番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集848番について歌番号848番原文久毛尓得夫|久須利波牟用波|美也古弥婆|伊夜之吉阿何微|麻多越知奴倍之訓読雲に飛ぶ薬食むよは都見ばいやしき我が身また変若ぬべし...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集764番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集764番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集764番について歌番号764番原文百年尓|老舌出而|与余牟友|吾者不猒|戀者益友訓読百年に老舌出でてよよむとも我れはいとはじ恋ひは増すともかな読みももとせに|お...
タイトルとURLをコピーしました