山上憶良

スポンサーリンク
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集879番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集879番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集879番について歌番号879番原文余呂豆余尓|伊麻志多麻比提|阿米能志多|麻乎志多麻波祢|美加佐良受弖訓読万世にいましたまひて天の下奏したまはね朝廷去らずてかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集904番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集904番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集904番について歌番号904番原文世人之|貴慕|七種之|寶毛我波|何為|和我中能|産礼出有|白玉之|吾子古日者|明星之|開朝者|敷多倍乃|登許能邊佐良受|立礼杼...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集905番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集905番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集905番について歌番号905番原文和可家礼婆|道行之良士|末比波世武|之多敝乃使|於比弖登保良世訓読若ければ道行き知らじ賄はせむ黄泉の使負ひて通らせかな読みわか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集906番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集906番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集906番について歌番号906番原文布施於吉弖|吾波許比能武|阿射無加受|多太尓率去弖|阿麻治思良之米訓読布施置きて我れは祈ひ祷むあざむかず直に率行きて天道知らし...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集871番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集871番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集871番について歌番号871番原文得保都必等|麻通良佐用比米|都麻胡非尓|比例布利之用利|於返流夜麻能奈訓読遠つ人松浦佐用姫夫恋ひに領巾振りしより負へる山の名か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集872番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集872番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集872番について歌番号872番原文夜麻能奈等|伊賓都夏等可母|佐用比賣何|許能野麻能閇仁|必例遠布利家訓読山の名と言ひ継げとかも佐用姫がこの山の上に領巾を振りけ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集873番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集873番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集873番について歌番号873番原文余呂豆余尓|可多利都夏等之|許能多氣仁|比例布利家良之|麻通羅佐用嬪面訓読万世に語り継げとしこの丘に領巾振りけらし松浦佐用姫か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集874番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集874番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集874番について歌番号874番原文宇奈波良能|意吉由久布祢遠|可弊礼等加|比礼布良斯家武|麻都良佐欲比賣訓読海原の沖行く船を帰れとか領巾振らしけむ松浦佐用姫かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集875番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集875番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集875番について歌番号875番原文由久布祢遠|布利等騰尾加祢|伊加婆加利|故保斯阿利家武|麻都良佐欲比賣訓読行く船を振り留みかねいかばかり恋しくありけむ松浦佐用...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集876番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集876番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集876番について歌番号876番原文阿麻等夫夜|等利尓母賀母夜|美夜故提|意久利摩遠志弖|等比可弊流母能訓読天飛ぶや鳥にもがもや都まで送りまをして飛び帰るものかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集877番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集877番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集877番について歌番号877番原文比等母祢能|宇良夫禮遠留尓|多都多夜麻|美麻知可豆加婆|和周良志奈牟迦訓読ひともねのうらぶれ居るに龍田山御馬近づかば忘らしなむ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集878番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集878番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集878番について歌番号878番原文伊比都々母|能知許曽斯良米|等乃斯久母|佐夫志計米夜母|吉美伊麻佐受斯弖訓読言ひつつも後こそ知らめとのしくも寂しけめやも君いま...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集34番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集34番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集34番について歌番号34番原文白浪乃|濱松之枝乃|手向草|幾代左右二賀|年乃經去良武|訓読白波の浜松が枝の手向け草幾代までにか年の経ぬらむ|かな読みしらなみの|は...
タイトルとURLをコピーしました