万葉集4494番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4494番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4494番について

歌番号

4494番

原文

水鳥乃|可毛<能>羽能伊呂乃|青馬乎|家布美流比等波|可藝利奈之等伊布

訓読

水鳥の鴨の羽の色の青馬を今日見る人は限りなしといふ

かな読み

みづとりの|かものはのいろの|あをうまを|けふみるひとは|かぎりなしといふ

カタカナ読み

ミヅトリノ|カモノハノイロノ|アヲウマヲ|ケフミルヒトハ|カギリナシトイフ

ローマ字読み|大文字

MIZUTORINO|KAMONOHANOIRONO|AOMAO|KEFUMIRUHITOHA|KAGIRINASHITOIFU

ローマ字読み|小文字

mizutorino|kamonohanoirono|aomao|kefumiruhitoha|kagirinashitoifu

左注|左註

右一首為七日侍宴右中辨大伴宿祢家持預作此歌|但依仁王會事却以六日於内裏召諸王卿等賜酒肆宴給祿|因斯不奏也

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年1月6日年紀|未奏|予作|宮廷|行事|宴席|寿歌|動物

校異

->能【温】【矢】【京】

寛永版本

みづとりの,[寛]みつとりの,
かものはのいろの[寛],
あをうまを[寛],
けふみるひとは[寛],
かぎりなしといふ,[寛]かきりなしといふ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました