万葉集4491番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4491番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4491番について

歌番号

4491番

原文

於保吉宇美能|美奈曽己布可久|於毛比都々|毛婢伎奈良之思|須我波良能佐刀

訓読

大き海の水底深く思ひつつ裳引き平しし菅原の里

かな読み

おほきうみの|みなそこふかく|おもひつつ|もびきならしし|すがはらのさと

カタカナ読み

オホキウミノ|ミナソコフカク|オモヒツツ|モビキナラシシ|スガハラノサト

ローマ字読み|大文字

OHOKIUMINO|MINASOKOFUKAKU|OMOHITSUTSU|MOBIKINARASHISHI|SUGAHARANOSATO

ローマ字読み|小文字

ohokiumino|minasokofukaku|omohitsutsu|mobikinarashishi|sugaharanosato

左注|左註

右一首藤原宿奈麻呂朝臣之妻石川女郎薄愛離別悲恨作歌也|[年月未詳]

事項|分類・ジャンル

藤原宿麻呂|悲嘆|怨恨|離別|地名|奈良|古歌|伝誦|転用|宴席

校異

特に無し

寛永版本

おほきうみの[寛],
みなそこふかく[寛],
おもひつつ[寛],
もびきならしし,[寛]もひきならしし,
すがはらのさと,[寛]すかはらのさと,

巻数

第20巻

作者

藤原宿奈麻呂妻|石川女郎

タイトルとURLをコピーしました