万葉集4493番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4493番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4493番について

歌番号

4493番

原文

始春乃|波都祢乃家布能|多麻婆波伎|手尓等流可良尓|由良久多麻能乎

訓読

初春の初子の今日の玉箒手に取るからに揺らく玉の緒

かな読み

はつはるの|はつねのけふの|たまばはき|てにとるからに|ゆらくたまのを

カタカナ読み

ハツハルノ|ハツネノケフノ|タマバハキ|テニトルカラニ|ユラクタマノヲ

ローマ字読み|大文字

HATSUHARUNO|HATSUNENOKEFUNO|TAMABAHAKI|TENITORUKARANI|YURAKUTAMANO

ローマ字読み|小文字

hatsuharuno|hatsunenokefuno|tamabahaki|tenitorukarani|yurakutamano

左注|左註

右一首右中辨大伴宿祢家持作|但依大蔵政不堪奏之也

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年1月3日年紀|未奏|宮廷|肆宴|宴席|藤原仲麻呂|寿歌|宮廷讃美

校異

之也【元】【細】(塙)之

寛永版本

はつはるの[寛],
はつねのけふの[寛],
たまばはき,[寛]たまははき,
てにとるからに[寛],
ゆらくたまのを[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました