万葉集4468番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4468番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4468番について

歌番号

4468番

原文

宇都世美波|加受奈吉身奈利|夜麻加波乃|佐夜氣吉見都々|美知乎多豆祢奈

訓読

うつせみは数なき身なり山川のさやけき見つつ道を尋ねな

かな読み

うつせみは|かずなきみなり|やまかはの|さやけきみつつ|みちをたづねな

カタカナ読み

ウツセミハ|カズナキミナリ|ヤマカハノ|サヤケキミツツ|ミチヲタヅネナ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMIHA|KAZUNAKIMINARI|YAMAKAHANO|SAYAKEKIMITSUTSU|MICHIOTAZUNENA

ローマ字読み|小文字

utsusemiha|kazunakiminari|yamakahano|sayakekimitsutsu|michiotazunena

左注|左註

以前歌六首六月十七日大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年6月17日年紀|無常|仏教|求道

校異

特に無し

寛永版本

うつせみは[寛],
かずなきみなり,[寛]かすなきみなり,
やまかはの[寛],
さやけきみつつ[寛],
みちをたづねな,[寛]みちをたつねな,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました