万葉集4486番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4486番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4486番について

歌番号

4486番

原文

天地乎|弖良須日月乃|極奈久|阿流倍伎母能乎|奈尓乎加於毛波牟

訓読

天地を照らす日月の極みなくあるべきものを何をか思はむ

かな読み

あめつちを|てらすひつきの|きはみなく|あるべきものを|なにをかおもはむ

カタカナ読み

アメツチヲ|テラスヒツキノ|キハミナク|アルベキモノヲ|ナニヲカオモハム

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHIO|TERASUHITSUKINO|KIHAMINAKU|ARUBEKIMONO|NANIOKAOMOHAMU

ローマ字読み|小文字

ametsuchio|terasuhitsukino|kihaminaku|arubekimono|naniokaomohamu

左注|左註

右一首皇太子御歌

事項|分類・ジャンル

天平宝字1年11月18日年紀|肆宴|宴席|宮廷

校異

歌【西】謌|歌【西】謌

寛永版本

あめつちを[寛],
てらすひつきの[寛],
きはみなく,[寛]きはめなく,
あるべきものを,[寛]あるへきものを,
なにをかおもはむ,[寛]なにかおもはむ,

巻数

第20巻

作者

大炊王

タイトルとURLをコピーしました