万葉集4298番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4298番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4298番について

歌番号

4298番

原文

霜上尓|安良礼多<婆>之里|伊夜麻之尓|安礼<波>麻為許牟|年緒奈我久|[古今未詳]

訓読

霜の上に霰た走りいやましに我れは参ゐ来む年の緒長く|[古今未詳]

かな読み

しものうへに|あられたばしり|いやましに|あれはまゐこむ|としのをながく

カタカナ読み

シモノウヘニ|アラレタバシリ|イヤマシニ|アレハマヰコム|トシノヲナガク

ローマ字読み|大文字

SHIMONOHENI|ARARETABASHIRI|IYAMASHINI|AREHAMAIKOMU|TOSHINONAGAKU

ローマ字読み|小文字

shimonoheni|araretabashiri|iyamashini|arehamaikomu|toshinonagaku

左注|左註

右一首左兵衛督大伴宿祢千室

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年1月4日年紀|賀歌|寿歌|大伴家持|宴席|古歌|伝誦

校異

波->婆【元】【類】【紀】|婆->波【元】【類】

寛永版本

しものうへに[寛],
あられたばしり,[寛]あられたはしり,
いやましに[寛],
あれはまゐこむ[寛],
としのをながく,[寛]としのをなかく,

巻数

第20巻

作者

大伴千室

タイトルとURLをコピーしました