万葉集4261番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4261番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4261番について

歌番号

4261番

原文

大王者|神尓之座者|水鳥乃|須太久水奴麻乎|皇都常成通|[作者<未>詳]

訓読

大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を都と成しつ|[作者<未>詳]

かな読み

おほきみは|かみにしませば|みづとりの|すだくみぬまを|みやことなしつ

カタカナ読み

オホキミハ|カミニシマセバ|ミヅトリノ|スダクミヌマヲ|ミヤコトナシツ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMIHA|KAMINISHIMASEBA|MIZUTORINO|SUDAKUMINUMAO|MIYAKOTONASHITSU

ローマ字読み|小文字

ohokimiha|kaminishimaseba|mizutorino|sudakuminumao|miyakotonashitsu

左注|左註

右件二首天平勝寶四年二月二日聞之|即載於茲也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年2月2日年紀|伝誦|古歌|天武朝|大君讃美

校異

不->未【元】【類】【文】

寛永版本

おほきみは[寛],
かみにしませば,[寛]かみにしませは,
みづとりの,[寛]みつとりの,
すだくみぬまを,[寛]すたくみぬまを,
みやことなしつ[寛],

巻数

第19巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました