万葉集4282番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4282番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4282番について

歌番号

4282番

原文

辞繁|不相問尓|梅花|雪尓之乎礼氐|宇都呂波牟可母

訓読

言繁み相問はなくに梅の花雪にしをれてうつろはむかも

かな読み

ことしげみ|あひとはなくに|うめのはな|ゆきにしをれて|うつろはむかも

カタカナ読み

コトシゲミ|アヒトハナクニ|ウメノハナ|ユキニシヲレテ|ウツロハムカモ

ローマ字読み|大文字

KOTOSHIGEMI|AHITOHANAKUNI|UMENOHANA|YUKINISHIORETE|UTSUROHAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

kotoshigemi|ahitohanakuni|umenohana|yukinishiorete|utsurohamukamo

左注|左註

右一首主人石上朝臣宅嗣

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年1月4日年紀|宴席|植物|見立賸|恋愛|譬喩

校異

特に無し

寛永版本

ことしげみ,[寛]ことしけし,
あひとはなくに,[寛]あひとはさるに,
うめのはな[寛],
ゆきにしをれて[寛],
うつろはむかも[寛],

巻数

第19巻

作者

石上宅嗣

タイトルとURLをコピーしました