万葉集4278番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4278番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4278番について

歌番号

4278番

原文

足日木乃|夜麻之多日影|可豆良家流|宇倍尓也左良尓|梅乎之<努>波牟

訓読

あしひきの山下ひかげかづらける上にやさらに梅をしのはむ

かな読み

あしひきの|やましたひかげ|かづらける|うへにやさらに|うめをしのはむ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマシタヒカゲ|カヅラケル|ウヘニヤサラニ|ウメヲシノハム

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASHITAHIKAGE|KAZURAKERU|UHENIYASARANI|UMEOSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamashitahikage|kazurakeru|uheniyasarani|umeoshinohamu

左注|左註

右一首少納言大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月25日年紀|肆宴|宴席|応詔|大君讃美|寿歌|新嘗祭|植物

校異

奴->努【元】【類】

寛永版本

あしひきの[寛],
やましたひかげ,[寛]やましたひかけ,
かづらける,[寛]かつらける,
うへにやさらに[寛],
うめをしのはむ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました