万葉集4263番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4263番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4263番について

歌番号

4263番

原文

梳毛見自|屋中毛波可自|久左麻久良|多婢由久伎美乎|伊波布等毛比氐|[作<者>未詳]

訓読

櫛も見じ屋内も掃かじ草枕旅行く君を斎ふと思ひて

かな読み

くしもみじ|やぬちもはかじ|くさまくら|たびゆくきみを|いはふともひて||[作<者>未詳]

カタカナ読み

クシモミジ|ヤヌチモハカジ|クサマクラ|タビユクキミヲ|イハフトモヒテ||[作<者>未詳]

ローマ字読み|大文字

KUSHIMOMIJI|YANUCHIMOHAKAJI|KUSAMAKURA|TABIYUKUKIMIO|IHAFUTOMOHITE||[作<者>未詳]

ローマ字読み|小文字

kushimomiji|yanuchimohakaji|kusamakura|tabiyukukimio|ihafutomohite||[作<者>未詳]

左注|左註

右件歌傳誦大伴宿祢村上同清継等是也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年閏3月年紀|古歌|伝誦|遣唐使|大伴古慈悲|大伴古麻呂|大伴村上|枕詞|出発|餞別|羈旅|悲別|神祭り|寿歌

校異

主->者【元】【類】

寛永版本

くしもみじ,[寛]くしもみし,
やぬちもはかじ,[寛]やなかもはかし,
くさまくら[寛],
たびゆくきみを,[寛]たひゆくきみを,
いはふともひて[寛],

巻数

第19巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました