万葉集4197番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4197番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4197番について

歌番号

4197番

原文

妹尓似|草等見之欲里|吾標之|野邊之山吹|誰可手乎里之

訓読

妹に似る草と見しより我が標し野辺の山吹誰れか手折りし

かな読み

いもににる|くさとみしより|わがしめし|のへのやまぶき|たれかたをりし

カタカナ読み

イモニニル|クサトミシヨリ|ワガシメシ|ノヘノヤマブキ|タレカタヲリシ

ローマ字読み|大文字

IMONINIRU|KUSATOMISHIYORI|WAGASHIMESHI|NOHENOYAMABUKI|TAREKATAORISHI

ローマ字読み|小文字

imoniniru|kusatomishiyori|wagashimeshi|nohenoyamabuki|tarekataorishi

左注|左註

右為贈留女之女郎所誂家婦作也|[女郎者即大伴家持之妹]

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月年紀|植物|留女女郎|家持妹|坂上大嬢|代作|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

いもににる[寛],
くさとみしより[寛],
わがしめし,[寛]わかしめし,
のへのやまぶき,[寛]のへのやまふき,
たれかたをりし[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました