万葉集4273番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4273番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4273番について

歌番号

4273番

原文

天地与|相左可延牟等|大宮乎|都可倍麻都礼婆|貴久宇礼之伎

訓読

天地と相栄えむと大宮を仕へまつれば貴く嬉しき

かな読み

あめつちと|あひさかえむと|おほみやを|つかへまつれば|たふとくうれしき

カタカナ読み

アメツチト|アヒサカエムト|オホミヤヲ|ツカヘマツレバ|タフトクウレシキ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHITO|AHISAKAEMUTO|OHOMIYAO|TSUKAHEMATSUREBA|TAFUTOKURESHIKI

ローマ字読み|小文字

ametsuchito|ahisakaemuto|ohomiyao|tsukahematsureba|tafutokureshiki

左注|左註

右一首大納言巨勢朝臣

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月25日年紀|肆宴|宴席|応詔|大君讃美|寿歌|新嘗祭

校異

特に無し

寛永版本

あめつちと[寛],
あひさかえむと[寛],
おほみやを[寛],
つかへまつれば,[寛]つかへまつれは,
たふとくうれしき,[寛]たうとくうれしき,

巻数

第19巻

作者

巨勢奈弖麻呂

タイトルとURLをコピーしました