万葉集4285番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4285番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4285番について

歌番号

4285番

原文

大宮能|内尓毛外尓母|米都良之久|布礼留大雪|莫踏祢乎之

訓読

大宮の内にも外にもめづらしく降れる大雪な踏みそね惜し

かな読み

おほみやの|うちにもとにも|めづらしく|ふれるおほゆき|なふみそねをし

カタカナ読み

オホミヤノ|ウチニモトニモ|メヅラシク|フレルオホユキ|ナフミソネヲシ

ローマ字読み|大文字

OHOMIYANO|UCHINIMOTONIMO|MEZURASHIKU|FURERUOHOYUKI|NAFUMISONEOSHI

ローマ字読み|小文字

ohomiyano|uchinimotonimo|mezurashiku|fureruohoyuki|nafumisoneoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年1月11日年紀|宮廷|寿歌

校異

->歌【元】【細】

寛永版本

おほみやの[寛],
うちにもとにも,[寛]うちにもともも,
めづらしく,[寛]めつらしく,
ふれるおほゆき[寛],
なふみそねをし[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました