万葉集4255番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4255番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4255番について

歌番号

4255番

原文

秋時花|種尓有等|色別尓|見之明良牟流|今日之貴左

訓読

秋の花種にあれど色ごとに見し明らむる今日の貴さ

かな読み

あきのはな|くさぐさにあれど|いろごとに|めしあきらむる|けふのたふとさ

カタカナ読み

アキノハナ|クサグサニアレド|イロゴトニ|メシアキラムル|ケフノタフトサ

ローマ字読み|大文字

AKINOHANA|KUSAGUSANIAREDO|IROGOTONI|MESHIAKIRAMURU|KEFUNOTAFUTOSA

ローマ字読み|小文字

akinohana|kusagusaniaredo|irogotoni|meshiakiramuru|kefunotafutosa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年8月5日年紀|依興|予作|応詔|儀礼歌|宴席|架空|植物|寿歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

あきのはな[寛],
くさぐさにあれど,[寛]くさくさにあれと,
いろごとに,[寛]いろことに,
めしあきらむる,[寛]みしあきらむる,
けふのたふとさ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました