万葉集4287番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4287番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4287番について

歌番号

4287番

原文

鴬能|鳴之可伎都尓|<々>保敝理之|梅此雪尓|宇都呂布良牟可

訓読

鴬の鳴きし垣内ににほへりし梅この雪にうつろふらむか

かな読み

うぐひすの|なきしかきつに|にほへりし|うめこのゆきに|うつろふらむか

カタカナ読み

ウグヒスノ|ナキシカキツニ|ニホヘリシ|ウメコノユキニ|ウツロフラムカ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|NAKISHIKAKITSUNI|NIHOHERISHI|UMEKONOYUKINI|UTSUROFURAMUKA

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|nakishikakitsuni|nihoherishi|umekonoyukini|utsurofuramuka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年1月11日年紀|動物|植物

校異

尓->々【元】【類】【紀】

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
なきしかきつに[寛],
にほへりし[寛],
うめこのゆきに[寛],
うつろふらむか[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました