万葉集4195番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4195番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4195番について

歌番号

4195番

原文

吾幾許|斯<努>波久不知尓|霍公鳥|伊頭敝能山乎|鳴可将超

訓読

我がここだ偲はく知らに霍公鳥いづへの山を鳴きか越ゆらむ

かな読み

わがここだ|しのはくしらに|ほととぎす|いづへのやまを|なきかこゆらむ

カタカナ読み

ワガココダ|シノハクシラニ|ホトトギス|イヅヘノヤマヲ|ナキカコユラム

ローマ字読み|大文字

WAGAKOKODA|SHINOHAKUSHIRANI|HOTOTOGISU|IZUHENOYAMAO|NAKIKAKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

wagakokoda|shinohakushirani|hototogisu|izuhenoyamao|nakikakoyuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月年紀|動物|怨恨|高岡|富山

校異

奴->努【元】【類】

寛永版本

わがここだ,[寛]わかここた,
しのはくしらに[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
いづへのやまを,[寛]いつへのやまを,
なきかこゆらむ,[寛]なきかゆこらむ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました