万葉集4243番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4243番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4243番について

歌番号

4243番

原文

住吉尓|伊都久祝之|神言等|行得毛来等毛|舶波早家<无>

訓読

住吉に斎く祝が神言と行くとも来とも船は早けむ

かな読み

すみのえに|いつくはふりが|かむごとと|ゆくともくとも|ふねははやけむ

カタカナ読み

スミノエニ|イツクハフリガ|カムゴトト|ユクトモクトモ|フネハハヤケム

ローマ字読み|大文字

SUMINOENI|ITSUKUHAFURIGA|KAMUGOTOTO|YUKUTOMOKUTOMO|FUNEHAHAYAKEMU

ローマ字読み|小文字

suminoeni|itsukuhafuriga|kamugototo|yukutomokutomo|funehahayakemu

左注|左註

右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也|但年月次者随聞之時載於此焉

事項|分類・ジャンル

天平5年年紀|伝誦|遣唐使|高安種麻呂|餞別|宴席|高岡|富山|天平勝宝3年

校異

->比【代匠記精撰本】|無->无【元】【類】

寛永版本

すみのえに[寛],
いつくはふりが,[寛]いつくはふりか,
かむごとと,[寛]かみことと,
ゆくともくとも[寛],
ふねははやけむ[寛],

巻数

第19巻

作者

丹比土作

タイトルとURLをコピーしました