万葉集4218番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4218番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4218番について

歌番号

4218番

原文

鮪衝等|海人之燭有|伊射里火之|保尓可将出|吾之下念乎

訓読

鮪突くと海人の灯せる漁り火の秀にか出ださむ我が下思ひを

かな読み

しびつくと|あまのともせる|いざりひの|ほにかいださむ|わがしたもひを

カタカナ読み

シビツクト|アマノトモセル|イザリヒノ|ホニカイダサム|ワガシタモヒヲ

ローマ字読み|大文字

SHIBITSUKUTO|AMANOTOMOSERU|IZARIHINO|HONIKAIDASAMU|WAGASHITAMOHIO

ローマ字読み|小文字

shibitsukuto|amanotomoseru|izarihino|honikaidasamu|wagashitamohio

左注|左註

右二首五月

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年5月年紀|恋情|序詞|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

しびつくと,[寛]しひつくと,
あまのともせる[寛],
いざりひの,[寛]いさりひの,
ほにかいださむ,[寛]ほにかいてなむ,
わがしたもひを,[寛]わかしたおもひを,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました