万葉集4235番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4235番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4235番について

歌番号

4235番

原文

天雲乎|富呂尓布美安太之|鳴神毛|今日尓益而|可之古家米也母

訓読

天雲をほろに踏みあだし鳴る神も今日にまさりて畏けめやも

かな読み

あまくもを|ほろにふみあだし|なるかみも|けふにまさりて|かしこけめやも

カタカナ読み

アマクモヲ|ホロニフミアダシ|ナルカミモ|ケフニマサリテ|カシコケメヤモ

ローマ字読み|大文字

AMAKUMO|HORONIFUMIADASHI|NARUKAMIMO|KEFUNIMASARITE|KASHIKOKEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

amakumo|horonifumiadashi|narukamimo|kefunimasarite|kashikokemeyamo

左注|左註

右一首傳誦<掾>久米朝臣廣縄也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年1月3日年紀|古歌|伝誦|久米広縄|聖武天皇|高岡|富山

校異

様->掾【元】【文】【紀】

寛永版本

あまくもを[寛],
ほろにふみあだし,[寛]ほろにふみあたし,
なるかみも[寛],
けふにまさりて[寛],
かしこけめやも[寛],

巻数

第19巻

作者

縣犬養三千代

タイトルとURLをコピーしました