万葉集4280番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4280番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4280番について

歌番号

4280番

原文

立別|君我伊麻左婆|之奇嶋能|人者和礼自久|伊波比弖麻多牟

訓読

立ち別れ君がいまさば磯城島の人は我れじく斎ひて待たむ

かな読み

たちわかれ|きみがいまさば|しきしまの|ひとはわれじく|いはひてまたむ

カタカナ読み

タチワカレ|キミガイマサバ|シキシマノ|ヒトハワレジク|イハヒテマタム

ローマ字読み|大文字

TACHIWAKARE|KIMIGAIMASABA|SHIKISHIMANO|HITOHAWAREJIKU|IHAHITEMATAMU

ローマ字読み|小文字

tachiwakare|kimigaimasaba|shikishimano|hitohawarejiku|ihahitematamu

左注|左註

右一首右京少進大伴宿祢黒麻呂

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月27日年紀|宴席|橘奈良麻呂|餞別|悲別|出発|羈旅|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

たちわかれ[寛],
きみがいまさば,[寛]きみかいまさは,
しきしまの[寛],
ひとはわれじく,[寛]ひとはわれしく,
いはひてまたむ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴黒麻呂

タイトルとURLをコピーしました