万葉集4229番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4229番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4229番について

歌番号

4229番

原文

新|年之初者|弥年尓|雪踏平之|常如此尓毛我

訓読

新しき年の初めはいや年に雪踏み平し常かくにもが

かな読み

あらたしき|としのはじめは|いやとしに|ゆきふみならし|つねかくにもが

カタカナ読み

アラタシキ|トシノハジメハ|イヤトシニ|ユキフミナラシ|ツネカクニモガ

ローマ字読み|大文字

ARATASHIKI|TOSHINOHAJIMEHA|IYATOSHINI|YUKIFUMINARASHI|TSUNEKAKUNIMOGA

ローマ字読み|小文字

aratashiki|toshinohajimeha|iyatoshini|yukifuminarashi|tsunekakunimoga

左注|左註

右一首歌者|正月二日守舘集宴|於時零雪殊多積有四尺焉|即主人大伴宿祢家持作此歌也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年1月2日年紀|寿歌|予祝|宴席|高岡|富山

校異

我【元】義

寛永版本

あらたしき[寛],
としのはじめは,[寛]としのはしめは,
いやとしに[寛],
ゆきふみならし[寛],
つねかくにもが,[寛]つねかくにもか,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました