万葉集4226番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4226番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4226番について

歌番号

4226番

原文

此雪之|消遺時尓|去来歸奈|山橘之|實光毛将見

訓読

この雪の消残る時にいざ行かな山橘の実の照るも見む

かな読み

このゆきの|けのこるときに|いざゆかな|やまたちばなの|みのてるもみむ

カタカナ読み

コノユキノ|ケノコルトキニ|イザユカナ|ヤマタチバナノ|ミノテルモミム

ローマ字読み|大文字

KONOYUKINO|KENOKORUTOKINI|IZAYUKANA|YAMATACHIBANANO|MINOTERUMOMIMU

ローマ字読み|小文字

konoyukino|kenokorutokini|izayukana|yamatachibanano|minoterumomimu

左注|左註

右一首十二月大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年12月年紀|植物|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

このゆきの[寛],
けのこるときに[寛],
いざゆかな,[寛]いさゆかな,
やまたちばなの,[寛]やまたちはなの,
みのてるもみむ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました