万葉集4190番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4190番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4190番について

歌番号

4190番

原文

叔羅河|湍乎尋都追|和我勢故波|宇可波多々佐祢|情奈具左尓

訓読

叔羅川瀬を尋ねつつ我が背子は鵜川立たさね心なぐさに

かな読み

しくらがは|せをたづねつつ|わがせこは|うかはたたさね|こころなぐさに

カタカナ読み

シクラガハ|セヲタヅネツツ|ワガセコハ|ウカハタタサネ|ココロナグサニ

ローマ字読み|大文字

SHIKURAGAHA|SEOTAZUNETSUTSU|WAGASEKOHA|UKAHATATASANE|KOKORONAGUSANI

ローマ字読み|小文字

shikuragaha|seotazunetsutsu|wagasekoha|ukahatatasane|kokoronagusani

左注|左註

右九日附使贈之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月9日年紀|贈答|大伴池主地名|福井|武生|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

しくらがは,[寛]しくらかは,
せをたづねつつ,[寛]せをたつねつつ,
わがせこは,[寛]わかせこは,
うかはたたさね[寛],
こころなぐさに,[寛]こころなくさに,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました