万葉集4262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4262番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4262番について

歌番号

4262番

原文

韓國尓|由伎多良波之氐|可敝里許牟|麻須良多家乎尓|美伎多弖麻都流

訓読

唐国に行き足らはして帰り来むますら健男に御酒奉る

かな読み

からくにに|ゆきたらはして|かへりこむ|ますらたけをに|みきたてまつる

カタカナ読み

カラクニニ|ユキタラハシテ|カヘリコム|マスラタケヲニ|ミキタテマツル

ローマ字読み|大文字

KARAKUNINI|YUKITARAHASHITE|KAHERIKOMU|MASURATAKEONI|MIKITATEMATSURU

ローマ字読み|小文字

karakunini|yukitarahashite|kaherikomu|masuratakeoni|mikitatematsuru

左注|左註

右一首多治比真人鷹主壽副使大伴胡麻呂宿祢也|右件歌傳誦大伴宿祢村上同清継等是也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年閏3月年紀|遣唐使|大伴古麻呂|出発|餞別|宴席|羈旅|大伴古慈悲|伝誦|古歌|大伴村上|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

からくにに[寛],
ゆきたらはして[寛],
かへりこむ[寛],
ますらたけをに[寛],
みきたてまつる[寛],

巻数

第19巻

作者

丹比鷹主

タイトルとURLをコピーしました