万葉集4251番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4251番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4251番について

歌番号

4251番

原文

玉桙之|道尓出立|徃吾者|公之事跡乎|負而之将去

訓読

玉桙の道に出で立ち行く我れは君が事跡を負ひてし行かむ

かな読み

たまほこの|みちにいでたち|ゆくわれは|きみがこととを|おひてしゆかむ

カタカナ読み

タマホコノ|ミチニイデタチ|ユクワレハ|キミガコトトヲ|オヒテシユカム

ローマ字読み|大文字

TAMAHOKONO|MICHINIIDETACHI|YUKUWAREHA|KIMIGAKOTOTO|OHITESHIYUKAMU

ローマ字読み|小文字

tamahokono|michiniidetachi|yukuwareha|kimigakototo|ohiteshiyukamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年8月5日年紀|餞別|出発|羈旅|悲別|枕詞|内蔵縄麻呂|高岡|富山

校異

饌餞->餞饌【元】【類】|時->此【元】【類】

寛永版本

たまほこの[寛],
みちにいでたち,[寛]みちにへいてたち,
ゆくわれは[寛],
きみがこととを,[寛]きみかこととを,
おひてしゆかむ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました