万葉集4277番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4277番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4277番について

歌番号

4277番

原文

袖垂而|伊射吾苑尓|鴬乃|木傳令落|梅花見尓

訓読

袖垂れていざ我が園に鴬の木伝ひ散らす梅の花見に

かな読み

そでたれて|いざわがそのに|うぐひすの|こづたひちらす|うめのはなみに

カタカナ読み

ソデタレテ|イザワガソノニ|ウグヒスノ|コヅタヒチラス|ウメノハナミニ

ローマ字読み|大文字

SODETARETE|IZAWAGASONONI|UGUHISUNO|KOZUTAHICHIRASU|UMENOHANAMINI

ローマ字読み|小文字

sodetarete|izawagasononi|uguhisuno|kozutahichirasu|umenohanamini

左注|左註

右一首大和國守藤原永<手>朝臣

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月25日年紀|肆宴|宴席|応詔|大君讃美|寿歌|新嘗祭|動物|植物

校異

平->手【西(訂正右書)】【元】【文】【紀】

寛永版本

そでたれて,[寛]そてたれて,
いざわがそのに,[寛]いさわかそのに,
うぐひすの,[寛]うくひすの,
こづたひちらす,[寛]こつたひちらす,
うめのはなみに[寛],

巻数

第19巻

作者

藤原永手

タイトルとURLをコピーしました