万葉集4114番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4114番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4114番について

歌番号

4114番

原文

奈泥之故我|花見流其等尓|乎登女良我|恵末比能尓保比|於母保由流可母

訓読

なでしこが花見るごとに娘子らが笑まひのにほひ思ほゆるかも

かな読み

なでしこが|はなみるごとに|をとめらが|ゑまひのにほひ|おもほゆるかも

カタカナ読み

ナデシコガ|ハナミルゴトニ|ヲトメラガ|ヱマヒノニホヒ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

NADESHIKOGA|HANAMIRUGOTONI|OTOMERAGA|EMAHINONIHOHI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

nadeshikoga|hanamirugotoni|otomeraga|emahinonihohi|omohoyurukamo

左注|左註

同閏五月廿六日大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年閏5月26日年紀|高岡|富山|植物|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

なでしこが,[寛]なてしこか,
はなみるごとに,[寛]はなみることに,
をとめらが,[寛]をとめらか,
ゑまひのにほひ[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました