万葉集4081番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4081番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4081番について

歌番号

4081番

原文

可多於毛比遠|宇万尓布都麻尓|於保世母天|故事部尓夜良波|比登加多波牟可母

訓読

片思ひを馬にふつまに負ほせ持て越辺に遣らば人かたはむかも

かな読み

かたおもひを|うまにふつまに|おほせもて|こしへにやらば|ひとかたはむかも

カタカナ読み

カタオモヒヲ|ウマニフツマニ|オホセモテ|コシヘニヤラバ|ヒトカタハムカモ

ローマ字読み|大文字

KATAOMOHIO|UMANIFUTSUMANI|OHOSEMOTE|KOSHIHENIYARABA|HITOKATAHAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

kataomohio|umanifutsumani|ohosemote|koshiheniyaraba|hitokatahamukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平21年年紀|贈答|大伴家持|恋情|高岡|富山|地名

校異

特に無し

寛永版本

かたおもひを[寛],
うまにふつまに[寛],
おほせもて[寛],
こしへにやらば,[寛]こしへにやらは,
ひとかたはむかも[寛],

巻数

第18巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました