万葉集4097番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4097番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4097番について

歌番号

4097番

原文

須賣呂伎能|御代佐可延牟等|阿頭麻奈流|美知<乃>久夜麻尓|金花佐久

訓読

天皇の御代栄えむと東なる陸奥山に黄金花咲く

かな読み

すめろきの|みよさかえむと|あづまなる|みちのくやまに|くがねはなさく

カタカナ読み

スメロキノ|ミヨサカエムト|アヅマナル|ミチノクヤマニ|クガネハナサク

ローマ字読み|大文字

SUMEROKINO|MIYOSAKAEMUTO|AZUMANARU|MICHINOKUYAMANI|KUGANEHANASAKU

ローマ字読み|小文字

sumerokino|miyosakaemuto|azumanaru|michinokuyamani|kuganehanasaku

左注|左註

天平感寶元年五月十二日於越中國守舘大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年5月12日年紀|寿歌|賀歌|高岡|富山|大君讃美

校異

能->乃【元】【類】

寛永版本

すめろきの[寛],
みよさかえむと[寛],
あづまなる,[寛]あつまなる,
みちのくやまに[寛],
くがねはなさく,[寛]こかねはなさく,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました