万葉集4045番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4045番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4045番について

歌番号

4045番

原文

於伎敝欲里|美知久流之保能|伊也麻之尓|安我毛布支見我|弥不根可母加礼

訓読

沖辺より満ち来る潮のいや増しに我が思ふ君が御船かもかれ

かな読み

おきへより|みちくるしほの|いやましに|あがもふきみが|みふねかもかれ

カタカナ読み

オキヘヨリ|ミチクルシホノ|イヤマシニ|アガモフキミガ|ミフネカモカレ

ローマ字読み|大文字

OKIHEYORI|MICHIKURUSHIHONO|IYAMASHINI|AGAMOFUKIMIGA|MIFUNEKAMOKARE

ローマ字読み|小文字

okiheyori|michikurushihono|iyamashini|agamofukimiga|mifunekamokare

左注|左註

前件十五首歌者廿五日作之

事項|分類・ジャンル

天平20年3月25日年紀|恋情|富山|氷見

校異

特に無し

寛永版本

おきへより[寛],
みちくるしほの[寛],
いやましに[寛],
あがもふきみが,[寛]あかもふきみか,
みふねかもかれ[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました