万葉集4102番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4102番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4102番について

歌番号

4102番

原文

白玉乎|都々美氐夜良<婆>|安夜女具佐|波奈多知婆奈尓|安倍母奴久我祢

訓読

白玉を包みて遣らばあやめぐさ花橘にあへも貫くがね

かな読み

しらたまを|つつみてやらば|あやめぐさ|はなたちばなに|あへもぬくがね

カタカナ読み

シラタマヲ|ツツミテヤラバ|アヤメグサ|ハナタチバナニ|アヘモヌクガネ

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMAO|TSUTSUMITEYARABA|AYAMEGUSA|HANATACHIBANANI|AHEMONUKUGANE

ローマ字読み|小文字

shiratamao|tsutsumiteyaraba|ayamegusa|hanatachibanani|ahemonukugane

左注|左註

右五月十四日大伴宿祢家持依興作

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年5月14日年紀|贈答|富山|植物|高岡

校異

波->婆【元】【類】

寛永版本

しらたまを[寛],
つつみてやらば,[寛]つつみてやらは,
あやめぐさ,[寛]あやめくさ,
はなたちばなに,[寛]はなたちはなに,
あへもぬくがね,[寛]あへもぬくかね,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました