万葉集4131番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4131番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4131番について

歌番号

4131番

原文

等里我奈久|安豆麻乎佐之天|布佐倍之尓|由可牟<等>於毛倍騰|与之母佐祢奈之

訓読

鶏が鳴く東をさしてふさへしに行かむと思へどよしもさねなし

かな読み

とりがなく|あづまをさして|ふさへしに|ゆかむとおもへど|よしもさねなし

カタカナ読み

トリガナク|アヅマヲサシテ|フサヘシニ|ユカムトオモヘド|ヨシモサネナシ

ローマ字読み|大文字

TORIGANAKU|AZUMAOSASHITE|FUSAHESHINI|YUKAMUTOMOHEDO|YOSHIMOSANENASHI

ローマ字読み|小文字

toriganaku|azumaosashite|fusaheshini|yukamutomohedo|yoshimosanenashi

左注|左註

右歌之返報歌者脱漏不得探求也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝1年11月12日年紀|贈答|大伴家持|書簡|戯歌|高岡|富山

校異

登->等【元】【類】【古】

寛永版本

とりがなく,[寛]とりかなく,
あづまをさして,[寛]あつまをさして,
ふさへしに[寛],
ゆかむとおもへど,[寛]ゆかむとおもへと,
よしもさねなし[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました