万葉集4090番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4090番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4090番について

歌番号

4090番

原文

由久敝奈久|安里和多流登毛|保等登藝須|奈枳之和多良婆|可久夜思努波牟

訓読

ゆくへなくありわたるとも霍公鳥鳴きし渡らばかくや偲はむ

かな読み

ゆくへなく|ありわたるとも|ほととぎす|なきしわたらば|かくやしのはむ

カタカナ読み

ユクヘナク|アリワタルトモ|ホトトギス|ナキシワタラバ|カクヤシノハム

ローマ字読み|大文字

YUKUHENAKU|ARIWATARUTOMO|HOTOTOGISU|NAKISHIWATARABA|KAKUYASHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

yukuhenaku|ariwatarutomo|hototogisu|nakishiwataraba|kakuyashinohamu

左注|左註

右四首十日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年5月10日年紀|動物|高岡|富山|植物|恋情|独詠|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ゆくへなく[寛],
ありわたるとも[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なきしわたらば,[寛]なきしわたらは,
かくやしのはむ[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました